がん免疫治療・プレシジョンメディスン・先制的自己修復医療 Edogawa Plus Clinic

PRP-FD療法について

  • HOME »
  • PRP-FD療法について

PRP-FD療法とは

「PRP-FD療法」とはご自身の細胞から抽出した「成長因子」を活用する新しい治療法です。

血小板を高濃度に含んだ血漿のことをPRP(Platelet Rich Plasma)といいます。PRP療法は血小板が持つ“組織を治癒させる能力”を利用した治療方法です。

ひとが生まれながらに持っている、自然治癒力を利用した再生医療。新しい選択肢として注目されており、スポーツ選手が導入していたり、大学病院で多くの関節治療に用いられているのが「PRP療法」です。血液の細胞成分から血小板を多く含んだ成分だけを取り出したPRPを傷ついた箇所に注入。血小板に含まれる「成長因子」のはたらきを利用して、細胞の成長や増殖を促します。

「PRP-FD療法」は、厳格な管理がなされた施設で加工された「成長因子」を使う治療です。患者さんご自身の血液からつくられたPRPを特殊な技術でさらに濃縮させて血小板を活性化し、より多くの「成長因子」を取り出します。(1)この「成長因子」を関節内に注射することで、痛みを和らげたり、損傷部位の機能改善をめざします。

※PRP=多血小板血漿

※PRP-FDはサイトカイン療法です。

※成長因子とは、特定の細胞の成長や増殖を促すタンパク質の総称。「PRP-FD療法」では、抗炎症作用、自己修復に必要な細胞増殖を促進といった成長因子のはたらきを活用します。

1)

 

このような方に

●変形性膝関節症でお悩みの方

●関節炎と診断されて、様々な治療を試している方

●階段の上り下りで膝に負担がかかる方

●ひざに違和感があるが、同じ治療法を続けて効果が得られない方

●スポーツで関節を痛めた方

●手術に抵抗感がある方

PRP療法、PFC-FD療法で効果があると考えられる疾患

変性疾患

  • 変形性関節症 (軟骨がすり減ることで生じる関節の痛み)

炎症性疾患

  • 上腕骨外側上顆炎(テニスなどでよく起こる肘の外側の痛み)
  • 上腕骨内側上顆炎(ゴルフなどでよく起こる肘の内側の痛み)
  • 膝蓋腱炎(運動中、運動後などのひざの前面の痛み)
  • 膝窩筋腱炎(動作時のひざ後面の痛み)
  • アキレス腱付着部炎(長時間歩く、走ることになどよる踵背側の痛み)
  • 足底筋膜炎(歩き始め、長時間歩行などによる足の裏の痛み)
  • 腱鞘炎(反復動作に伴う手首・足首周辺の痛み)

外傷

  • 靭帯損傷(ひざ、ひじなどで起こる外傷)
  • 肉離れ(筋断裂)

 

治療の特徴と効果

  • 通常のPRPよりも多い成長因子

    血小板に含まれる「成長因子」のはたらきによって、患部の自己修復機能が促進されると考えられています。特殊技術により同量の血液から生成する通常のPRPよりも多くの成長因子を注入することが可能です。

    副作用のリスクが少ない

  • PRP-FD注射は、100%自己血液を利用します。そのため、アレルギー反応などのリスクが少ない治療法です。厳格な管理がなされた清浄度の高い再生医療施設で、成長因子を抽出しています。
  • 手術や入院が不要

    採血と注射だけなので、手術や入院は不要。低侵襲ということから、ブランクを避けたいプロのスポーツ選手も受けている治療です。

PRP-FD治療で期待できる効果

  • ケガ、傷の修復速度の向上(加速)
  • 損傷後、治りにくくなった部位で、再度治療プロセスの活性化(再構築)
  • 組織の硬さや柔軟性を元の状態に近づける(組織の変化、物性の変化)
  • 痛みの感じ方を変化させる(疼痛受容器の変化)

治療の流れ

その他Q&A

Q 入院はしますか?

A 多くの患者さんがこの治療を外来治療で受けており、基本的には入院の必要はありません。

Q 副作用はありますか?

A 患者さんご自身の血小板から抽出した成分を注入するので、重い副作用はないと考えられています。患者さんによっては、注射による一般的な副作用(痛み、赤み、腫れなど)が起こる可能性があります。

Q 保険はききますか?

A 現時点では自由診療での治療を行っています。保険外の治療になるため、料金は医師・スタッフにご確認ください。

Q 高齢でも大丈夫ですか?

A 手術を行わない治療法なので、高齢の患者さんでも受けることが可能です。

Q 関節以外にも治療できますか?

A アキレス腱など、筋肉や腱の症状にも適応となることもあります。(ただし、患者さんによって異なるため、医師にあらためてご相談ください。

PRP-FD療法の説明を下記よりダウンロードできます。

自己血液成長因子療法(PRP-FD 療法)

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩3-16-3 TEL 03-6657-8215 診療時間10:00-18:00(土曜のみ13:00)[木・日・祝除く]

PAGETOP
Copyright © 江戸川プラスクリニック All Rights Reserved.