がん免疫治療・プレスメディスン・先制的自己修復医療 Edogawa Plus Clinic

免疫チェックポイント阻害薬

  • HOME »
  • 免疫チェックポイント阻害薬

免疫細胞を活性化する事で、がん細胞への攻撃力が高まり、がん細胞を抑え込む事が可能でしたが、免疫細胞は活性化しすぎてしまうと、健康な細胞までも傷つけてしまいます。
そこで、免疫チェックポイントで免疫細胞が活性化しすぎないように抑制を行っていました。しかしこの免疫チェックポイントと、がん細胞がくっついてしまう事により、早い段階で免疫細胞活性化のブレーキがかかってしまいます。するとがん細胞への攻撃力が弱くなってしまいます。このブレーキを解除することで、免疫細胞の働きを再び活性化させ、がん細胞を攻撃できるようにする新たな治療法が考えられました。それが、ブレーキ役の部分(PD-L1とPD-1の結合)を阻害する薬である「免疫チェックポイント阻害薬」です。

オプジーボ

オプジーボは、抗PD-1抗体と呼ばれるお薬です。
オプジーボはT細胞のPD-1との結合を阻止することにより、免疫機能にブレーキがかからないようにして、T細胞のがん細胞を攻撃する力を高めます。これまでに、悪性黒色腫、非小細胞肺がん、腎細胞がん、ホジキンリンパ腫、頭頸部がん、胃がんで使用が承認されています。
さらに、悪性胸膜中皮腫と悪性黒色腫の術後補助療法の2つの適応拡大が申請されています。
食道がん、胃食道接合部がん・食道がん、肝細胞がん、膠芽腫、尿路上皮がん、悪性胸膜中皮腫、卵巣がんなどでは臨床試験を実施中です。

ヤーボイ

ヤーボイは、「免疫機能へのブレーキ」を解除して 、免疫機能の活性化を持続するお薬です。
なお、T細胞にはいくつかの種類があり、その一つに制御性T細胞(Treg[ティーレグ])があります。
Tregは免疫機能による攻撃が過剰にならないように調整する役割があります。
ヤーボイはTregの機能を低下させたり、がん組織中のTregの数を減らすことで、さらにがんに対する攻撃力を高めると考えられています。
日本では2018年現在、メラノーマへの適応で承認されており、非小細胞肺がん、小細胞肺がんでは臨床第3相試験を実施中です。

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩3-16-3 TEL 03-6657-8215 診療時間10:00-18:00(土曜のみ13:00)[木・日・祝除く]

PAGETOP
Copyright © 江戸川プラスクリニック All Rights Reserved.