がん免疫治療・プレシジョンメディスン・先制的自己修復医療 Edogawa Plus Clinic

ヤーボイ

  • HOME »
  • ヤーボイ

ヤーボイとは

がん細胞を取りまく周囲の環境(T細胞、抗原提示細胞など)の「免疫機能へのブレーキ」を解除、免疫機能の活性化を持続

免疫機能は、体の中に入った病原菌やウイルスを「異物」と認識して攻撃します。
がん細胞も同様に「異常な細胞」と認識されて、T細胞という免疫細胞が司令塔となって攻撃します。
この「がん細胞=異物」という情報をT細胞に伝えるのが抗原提示細胞です。

攻撃を開始したT細胞には、自ら攻撃を終了する機能もあります。
その役割を担うのが、T細胞上に発現するCTLA-4と呼ばれる分子です。
抗原提示細胞の表面にあるCD80/86という分子とCTLA-4が結合すると、CTLA-4は攻撃を止めるようにT細胞に伝えてしまいます。
これが「免疫機能へのブレーキ」となります。

ヤーボイは、「免疫機能へのブレーキ」を解除して 、免疫機能の活性化を持続するお薬です。
なお、T細胞にはいくつかの種類があり、その一つに制御性T細胞(Treg[ティーレグ])があります。
Tregは免疫機能による攻撃が過剰にならないように調整する役割があります。
ヤーボイはTregの機能を低下させたり、がん組織中のTregの数を減らすことで、さらにがんに対する攻撃力を高めると考えられています。

どんな人がヤーボイの治療を受けることができるか

ヤーボイの保険適用外の患者さんを対象にしています。

ヤーボイの治療を受けることができない場合

ヤーボイに含まれている成分に対して、以前、アレルギー反応(気管支けいれん、全身性の皮膚障害、低血圧など)を起こしたことのある方は、さらに重いアレルギー反応が出る可能性があるため、ヤーボイの治療はできません。

ヤーボイの治療を慎重に検討する必要がある場合

次のような方は、ヤーボイによる治療ができないことがあります。

  • 投与開始時に肝機能に異常のある方
  • 自己免疫疾患(※1)の方で、免疫の活動性が高い場合

※自己免疫疾患:免疫機能が正常に機能しなくなり、自分の組織を攻撃してしまう病気で、甲状腺機能異常症や関節リウマチなどが自己免疫疾患に含まれます。

ヤーボイの費用

免疫チェックポイント阻害薬ヤーボイ

薬剤料 ヤーボイ(イピリムマブ)点滴静注液50mg 247,500円
キイトルーダ(ペムブロリズマブ)点滴静注液100mg 440,000円
テセントリク(アテゾリズマブ)点滴静注液1200mg 847,000円
手数料 220,000円
送料 36,000円

体重等により投与量を決定するため、患者様毎に費用も異なります。詳細はお問合わせください。

※ヤーボイの使用に関する詳細は、医師からも十分に説明しますが、ヤーボイで検索の上、製薬会社の薬剤添付書類で用法、用量、副作用等をご確認ください。

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩3-16-3 TEL 03-6657-8215 診療時間 月~金曜 午前9:30-12:30 午後 14:00-17:30 土曜9:30-13:00 [日曜・祝日休診]

PAGETOP